印刷データ作成上の注意点

推奨OSやフォントのアウトライン化、対応アプリケーションのバージョン情報など、
印刷データを作成する際に注意していただきたい項目をご案内します。


印刷データ作成上の注意 印刷データ制作サイズ データ入稿方法 ホーム

pdf
pdf
pdf
pdf
pdf
pdf
pdf
フォントに関して

 ・文字はかならずアウトライン化してください
 ・Illustratorでは、たくさんのフォント(書体)を使用できます。
  この文字部分をそのままの状態で入稿すると、
  データを開く環境によって異なるフォント(書体)で出力されてしまいます。
 ・文字データは、アウトライン化(=オブジェクトデータに変換)してください。
 ・すべての文字はかならずアウトライン化しましょう。


アプリケーション

 Adobe Illustrator
   対応できるバージョン:CCまで
 Adobe Photoshop
   対応できるバージョン:CCまで

   レイヤーをすべて統合し、psdもしくはtiffまたはeps形式で保存してください。
   1色刷の場合はグレースケール、そのほかの場合はCMYKモードで保存してください。
   解像度は300~350dpiを推奨いたします。



PDF入稿

 ・PDF/X-1a:2001でご入稿ください。
 ・画像解像度などの詳細設定は、お客様側で充分におこなってください。
 ・化粧裁断の際はトンボおよび塗り足しが必要です。
 ・ご入稿前にはかならずPDFのチェックを実施してください。


配置画像について

 ・配置した画像は、イラストレーターのデータと一緒のフォルダにいれて送ってください。
 ・配置画像は「eps」形式で保存してください。jpg、gifなどの出力には対応しておりません。
 ・配置画像の解像度は、300~350dpiを推奨いたします。



レイヤーとトンボについて

 ・不要なレイヤーは削除し、オブジェクトのロックは解除してください。
 ・トンボは「トリムマーク(効果→トリムマーク)」で作成し、
 ・かならず「分割(オブジェクト→アピアランスを分割)」をしてください。
 ・「トンボ作成」や「トリムエリア」では作成しないでください。
 ・トンボの外に不要なオブジェクトを残さないでください。


その他の注意点

 ・拡張子を必ずつけてください。
 ・余分なポイントは削除してください。出力時のエラー原因となる場合がございます。
 ・極端にパスが多いオブジェクトは印刷やRIP処理ができないことがあります。